So-net無料ブログ作成

樋口有介さん「海泡」 [本☆☆☆]


海泡 (創元推理文庫)

海泡 (創元推理文庫)

  • 作者: 樋口 有介
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2018/06/11
  • メディア: 文庫



樋口さんらしさ満載です。夏、故郷、ミステリ。

大学の夏休みに、洋介は2年ぶりに小笠原へ帰省した。難病に苦しむ初恋の女性に会うのに忍びなく、帰りにくかったのだ。竹芝からフェリーで26時間、平和で退屈なはずの島では、かつての同級生がストーキングされていると噂が立ち、島一番の秀才は不可思議な言葉を呟く。やがて続けざまに起こった二つの事件。常夏の島を舞台に、伸びやかに描いた青春ミステリを大幅改稿で贈る。
(出版社HPより)

小笠原諸島の父島が舞台です。行ってみたい場所ですが、船で26時間となかなか気軽に行ける場所でもなく。

夏休みの父島は観光客に短期のアルバイトに帰省客、そして皆が顔馴染みの島民でごった返しています。
そんな島の気怠さや刹那さが伝わってくるようでした。

物語は樋口さん作品のテンプレート、といっても過言ではないものです。
里帰りした主人公の洋介が幼馴染と再会するうち、洋介と同じように東京に出ていた和希が展望台から転落死します。更に犯人と思われていた和希をストーカーしていたという男も殺されます。
閉ざされた島で洋介は真犯人を探します。

斜に構えた物言いなのに、なぜかモテる主人公という設定もお馴染みです。屈託を抱えた雰囲気のせいでしょうか。

南国をイメージさせる開放的な空気と奔放さと、対照的に閉鎖的な社会が生み出す重苦しさのギャップがいいです。

タイトルに込められた意味がなかなか深いものがありました。

nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ: