So-net無料ブログ作成

葉室麟さん「螢草」 [本☆☆]


螢草 (双葉文庫)

螢草 (双葉文庫)

  • 作者: 葉室 麟
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2015/11/12
  • メディア: 文庫



16歳の少女が市井の人々の力を借りて危難を乗り越えていく、心が晴れやかになる時代小説です。

切腹した父の無念を晴らすという悲願を胸に、武家の出を隠し女中となった菜々。意外にも奉公先の風早家は温かい家で、当主の市之進や奥方の佐知から菜々は優しく教えられ導かれていく。だが、風早家に危機が迫る。前藩主に繋がる勘定方の不正を糺そうとする市之進に罠が仕掛けられたのだ。そして、その首謀者は、かつて母の口から聞いた父の仇、轟平九郎であった。亡き父のため、風早家のため、菜々は孤軍奮闘し、ついに一世一代の勝負に挑む。日本晴れの読み心地を約束する、極上の時代エンターテインメント。
(「BOOK」データベースより)

序盤で少し急ぎすぎな感じがあったんですが、そういう展開ですか…。

ただ、父が遺した前藩主の不正の証拠を現藩主に届ける手段はご都合主義な感がなくもありません。
わずか16歳の少女がそこまでできるかなー。

菜々のしなやかさと強さが際立つ一方で武士の陰が薄いです。市之進はとっととフェードアウトするし、仙之助は箸にも棒にも掛からないし。
その分、菜々が町で出会う市井の人々が手を差し伸べてくれます。菜々はそれに感謝しながらも自分の力で市之進の子供たちを守り育てます。

だんご兵衛、おほねさん、死神先生、駱駝の親分…聞き間違いにしても面白すぎます。
それを声高にただそうとしない様子も微笑ましいです。

心がゆるやかになる小説でした。


NHKのBSでドラマ化されたみたいですね。
https://www4.nhk.or.jp/P5823/

主演の清原果耶さんは菜々のイメージ通りです。

nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。