So-net無料ブログ作成

松尾由美さん「九月の恋と出会うまで」 [本☆☆]


九月の恋と出会うまで (双葉文庫)

九月の恋と出会うまで (双葉文庫)

  • 作者: 松尾 由美
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: 文庫



初読みの作家さんです。
ファンタジー恋愛小説かと思えば、途中からゴリゴリのSFに…。

「男はみんな奇跡を起こしたいと思ってる。好きになった女の人のために」―‐ある日北村志織は、自室の壁の穴から”一年後の今日”を生きているという人物の声を聞いた。「平野です」その人物は、同じマンションに住む男性だという。半信半疑ながら、平野に言われた通りに行動する志織。平野にはある目的があった――「書店員が選んだもう一度読みたい恋愛文庫第1位」に輝いた、時空を超えた奇跡のラブストーリー。
(出版社HPより)

自己評価の低い男女が主人公のせいか、恋愛小説に思えません。
しかもオタク気質の平野がタイムリープによるタイムパラドックスについて語るにつれてSF度が上がっていきます。
でも、ラストは伏線を回収してしっかり恋愛小説になっていました。

志織のアパートの部屋の壁の穴から聞こえてくる男は誰なのか、という推理面でも面白みがありました。平野なのか、アパートのオーナーの孫なのか。

「好きになった女の人のために」という惹句がこの作品を言い表しています。


映画化されていたんですね。
残念なイケメンに高橋一生さん、「ルックスはそこそこ」の志織役に川口春奈さん。…え?
http://wwws.warnerbros.co.jp/kugatsunokoimovie/

nice!(23)  コメント(0) 

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。