So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

三浦しをんさん「神去なあなあ夜話」 [本☆☆]


神去なあなあ夜話 (徳間文庫)

神去なあなあ夜話 (徳間文庫)

  • 作者: 三浦しをん
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2016/06/03
  • メディア: 文庫



神去なあなあ日常』の続編です。こちらは短編集です。

「神去村の起源」「神去村の恋愛事情」「神去村のおやかたさん」「神去村の事故、遭難」「神去村の失せもの探し」「神去村のクリスマス」「神去村はいつもなあなあ」の7編が収録されています。

三重県の山奥、神去村に放りこまれて一年が経った。最初はいやでたまらなかった田舎暮らしにも慣れ、いつのまにか林業にも夢中になっちゃった平野勇気、二十歳。村の起源にまつわる言い伝えや、村人たちの生活、かつて起こった事件、そしてそして、気になる直紀さんとの恋の行方などを、勇気がぐいぐい書き綴る。人気作『神去なあなあ日常』の後日譚。みんなたち、待たせたな!
(「BOOK」データベースより)

やはり最初のインパクトに比べると豪放さやハチャメチャさで物足りなさを感じます。
三浦さんの小説というだけでハードルが上がっているのもありますが。

ヨキの家に居候している勇気が、ヨキ宅に使われずに放置されていたパソコンに書き綴った文章という体裁をとっているので、親密感があります。
「パソコンなんて誰も使えないだろ」と思っていたらヨキの祖母の繁ばあちゃんにしっかりバレているシーンは、繁ばあちゃん恐るべし、でした。

また、『神去村のクリスマス』は一番面白かったです。
勇気の勤める会社の社長(親方)の小学生の一人息子がクリスマスに興味を持ったことから、クリスマスパーティーをやろう、というお話です。
とはいえ、山奥の神去村なので「それらしい」を突き抜けて「こんなもんじゃろ」というアイテムが続出します。
クリスマスツリーは山で伐ってきた松の木だし、なぜか獅子舞が踊り狂うし。

けれど、ハチャメチャな展開に持ち込みながらもしっかりと締めるところは流石三浦さんです。

勇気が一目ぼれした直紀との仲がなかなか進展しないのはやきもきしますが、ちょっとずつ距離が縮まっているので気長に見守りたいと思います。

お仕事小説や勇気の成長物語ではありませんが、続編も楽しみです。

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0