So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

垣根涼介さん「光秀の定理」 [本☆☆☆]


光秀の定理 (角川文庫)

光秀の定理 (角川文庫)

  • 作者: 垣根 涼介
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: 文庫



垣根さんは初読みです。史実とは違った明智光秀像が描かれます。
戦国時代が舞台で戦国武将が主要人物なのに戦の描写がされない斬新な小説です。

永禄3(1560)年、京の街角で三人の男が出会った。食い詰めた兵法者・新九郎。辻博打を生業とする謎の坊主・愚息。そして十兵衛…名家の出ながら落魄し、その再起を図ろうとする明智光秀その人であった。この小さな出逢いが、その後の歴史の大きな流れを形作ってゆく。光秀はなぜ織田信長に破格の待遇で取り立てられ、瞬く間に軍団随一の武将となり得たのか。彼の青春と光芒を高らかなリズムで刻み、乱世の本質を鮮やかに焙り出す新感覚の歴史小説!!
(出版社HPより)

モンティ・ホール問題という確率論を取り入れた小説です。

主に兵法者の新九郎と僧侶の愚息の視点で明智光秀の半生が描かれます。

織田信長の下で出世を遂げていく光秀に対して、剣の道を極める新九郎と豪放磊落な愚息の2人の自由な生き方が対照的です。だからこそ光秀が感じる窮屈さや息苦しさと明智家中を守らねばならない使命感が際立ちます。光秀の置かれた立場を現代的に捉えることもできると思います。

志半ばで倒れた信長がどのような政権を目指していたのか、想像するしかありませんが、終幕で語られる本能寺の変の原因が信長の「異質さ」だったとする新九郎と愚息の推理は面白く読みました。

nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ファンケルさんから株主優待品をいただきました 2018夏 [株主優待]

ありがとうございます[exclamation×2]

カタログから自社商品を選択できます。
サプリメントから化粧品まで。

b00_4829.jpg


今回はマイルドクレンジングオイルをいただきました。

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ばくだん丼を作ってみました [料理]

IMG_20180519_200034s.jpg

名前の由来はわかりません。

マグロ、オクラ、山芋、納豆、きゅうりをご飯の上に乗せて、わさびを添え、醤油をかけていただきます。

卵黄を乗せてもいいらしいのですが、今回はなしで。
お好みでめかぶや海苔、薬味の大葉を散らしてもいいです。

かき混ぜて豪快にかき込みます。
スタミナ不足を乗り切るがっつりメシです。

nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コクテール堂のエイジングコーヒー [お店]

熟成コーヒーなるものがあると聞いたので、買ってみました。
http://www.cocktail-do.co.jp/

生豆を数十か月も寝かせるそうで、流行りものかと思ったら1949年創業という歴史のある企業なんですね。

定番商品らしいオールド5ブレンドと個人的に好きなマンデリンを購入しました。

IMG_20180223_221955s.jpg

オールド5ブレンドは深煎りを感じさせないまろやかさがあります。苦味やコクが前面に押し出されない口当たりのいいコーヒーです。

インドネシアのコーヒー豆は相性がいい(と勝手に思っている)のですが、このマンデリンはどストライク。苦味・コクの強さだけでなく、最後に甘さが感じられます。これもまろやかさを感じます。熟成の味なんでしょうか。

週末にじっくり堪能したいコーヒーです。

nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

太田忠司さん「死の天使はドミノを倒す [本☆☆]


死の天使はドミノを倒す (文春文庫)

死の天使はドミノを倒す (文春文庫)

  • 作者: 太田 忠司
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/01/06
  • メディア: 文庫



表紙の絵画はオラース・ヴェルネ「死の天使」という作品で、ここからインスピレーションを得たのかもしれません。

売れない作家の兄・鈴島陽一と、人権派弁護士の弟・薫。家族と絶縁し父親の葬儀にも顔を出さない弟に、陽一は腹立たしさを抑えられないが、やがて薫が失踪したことを知る。薫は自殺志願者に自死を唆す“死の天使”嶌崎律子の弁護を引き受けていた―。待ち受けるサプライズを、あなたは見抜けますか?
(「BOOK」データベースより)

読後感はとっちらかった感じ、でした。
重いテーマを扱ってはいますが、そこにフォーカスしきれない印象を覚えました。もっと深く掘り下げてもよかったんじゃないかと思います。

にっちもさっちもいかない状況に追い込まれた主人公の自嘲さがしつこく、読む進むうちに飽きてしまいました。
また、主人公との書き分けなんでしょうが、堀記者の喋り方が妙に爺臭かったです。

nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

万城目学さん「悟浄出立」 [本☆☆]


悟浄出立 (新潮文庫 ま 48-1)

悟浄出立 (新潮文庫 ま 48-1)

  • 作者: 万城目 学
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/12/23
  • メディア: 文庫



万城目さんが親しんだ中国古典をベースにした短編集です。

「悟浄出立」「趙雲西航」「虞姫寂静」「法家孤憤」「父司馬遷」の5編が収められています。

砂漠の中、悟浄は隊列の一番後ろを歩いていた。どうして俺はいつも、他の奴らの活躍を横目で見ているだけなんだ? でもある出来事をきっかけに、彼の心がほんの少し動き始める――。西遊記の沙悟浄、三国志の趙雲、司馬遷に見向きもされないその娘。中国の古典に現れる脇役たちに焦点を当て、人生の見方まで変えてしまう連作集。
(出版社HPより)

西遊記の沙悟浄はもとより、三国志の趙雲、虞美人、司馬遷といった耳にしたことがある人物が主人公のため、古代中国を舞台にしていても敷居が低く感じました。

万城目さんらしい奔放な想像力というのはなく、淡々と物語が展開されます。
けれども、脇役たちがその役割をよしとせずに行動を起こすターニングポイントが、それまでの鬱屈や葛藤と対比するように鮮やかに描かれます。

『悟浄出立』を書くきっかけは中島敦さんの『悟浄出世』だったそうです。
昔読んだ『李陵・山月記』には収録されてなかったかなぁ。記憶がない。
これを機に読んでみようかと思います。

nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

成学社さんから株主優待品をいただきました 2018夏 [株主優待]

ありがとうございます[exclamation×2]

b01_220703.jpg

クオ・カード 1,000円分をいただきました。
こちらも年2回の予定です。
nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

川西倉庫さんから株主優待品をいただきました 2018夏 [株主優待]

ありがとうございます[exclamation×2]

b01_220956.jpg

クオ・カード 1,000円分をいただきました。
年2回もらえるのは、嬉しいです。
nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

キーコーヒーさんの株主総会に行ってきました 2018夏 [株主優待]

紙コップでのコーヒーサービスがあり、会場に着いたときには氷温熟成アイスコーヒーを、総会後には大好きなトアルコトラジャのホットコーヒーをいただきました。
ご馳走さまでした。

あちこちで廃止されつつある貴重なお土産は、発売40周年のトアルコトラジャのドリップオンと粉コーヒーの2点をいただきました。
ありがとうございました[わーい(嬉しい顔)]

b01_IMG_222411.jpg

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハウスオブローゼさんから株主優待をいただきました 2018夏 [株主優待]

3,000円相当の自社製品をいただきました。ありがとうございます。

b01_IMG_095425.jpg

ミントリープ クール ボディソープ、ミントリープ クール ボディーシート、ミントリープ クール スカルプスプレーの3点です。

ミントのすーすー感が半端ないって(乗っかってしまった[わーい(嬉しい顔)])

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -