So-net無料ブログ作成
検索選択

冲方丁さん「光圀伝」 [本☆☆☆]


光圀伝 (上) (角川文庫)

光圀伝 (上) (角川文庫)




光圀伝 (下) (角川文庫)

光圀伝 (下) (角川文庫)

  • 作者: 冲方 丁
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/06/20
  • メディア: 文庫



天地明察』があまりにも面白く、感動したので、こちらも手に取ってみました。
水戸黄門様の生涯を描いた本作品も期待を裏切ることのない出来栄えです。

なぜ「あの男」を自らの手で殺めることになったのか―。老齢の光圀は、水戸・西山荘の書斎で、誰にも語ることのなかったその経緯を書き綴ることを決意する。父・頼房に想像を絶する「試練」を与えられた幼少期。血気盛んな“傾奇者”として暴れ回る中で、宮本武蔵と邂逅する青年期。やがて学問、詩歌の魅力に取り憑かれ、水戸藩主となった若き“虎”は「大日本史」編纂という空前絶後の大事業に乗り出す―。生き切る、とはこういうことだ。誰も見たこともない「水戸黄門」伝、開幕。
(出版社HPより)

時代的には徳川幕府第3代の時代に武断政治から文治政治への移行する転換期ということで、光圀が果たした役割は大きかったようです。

幼少期から始まって、やんちゃな青年期を経て、水戸藩主となってからは人が変わったように思慮深くなります。
その時々で出会う人によって人生が変わる(なかでも宮本武蔵の登場には意外性がありました)様子がうまく描かれていました。
そして詩歌への熱中を経て『大日本史』の編纂へ。

並行して描かれるのが、三男だった光圀が水戸藩主となったことへの反問です。出生上の理由があったとしても暗愚でない長男を差し置いて後継となることへの複雑な心境が時々の光圀の行動に表れます。

また、冒頭の光圀の手記に出てくる「余が殺めた男」とは誰なのか、なぜ殺したのかという謎もあり、単なる歴史小説ではない(でもミステリではない)面白さがあります。

泰姫の臨終のシーンははからずも泣いてしまいました。公共の場でなくてよかった…。

実に読み応えのある物語でした。

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

愛宕神社に参拝

愛宕神社に参拝しました。
1603年に創建された歴史のある神社です。

IMG_20170219_114454s.jpg

「出世の石段」が聳え立ちます。

IMG_20170219_114512s.jpg

一息に登って、振り返ると、急勾配に足がすくみます。

IMG_20170219_114748s.jpg

IMG_20170219_114825s.jpg

都内にある神社にも関わらず空気感が違うように感じたのは標高の高い場所にあるせいでしょうか。
それとも…。

IMG_20170219_115014s.jpg

IMG_20170219_115556s.jpg

なお、86段の「出世の石段」(男坂)は参拝後に降りないほうがいいそうです。女坂を降りました。


梅がほころびかけていました。
「出世の石段」のいわれの元となった梅の木だそうです。相当な老木みたいですが、頑張って花を咲かせていますね。
http://www.atago-jinja.com/trivia/

IMG_20170219_115619s.jpg

まだ満開ではありませんでした。

IMG_20170219_115537s.jpg


お邪魔しました。

nice!(18)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

本多孝好さん「ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3」 [本☆☆☆]


ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3 (集英社文庫)

ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3 (集英社文庫)




とうとう終幕です。
本多さんらしからぬ、という印象だった本作ですが、そのイメージを見事に覆してくれました。

常人とかけ離れた特殊な能力を持っている昴、沙耶、隆二、良介。四人は同じ施設で育ち、特別な絆で結ばれていた。
しかし、政治家・渡瀬浩一郎に仲間のひとり、亘を人質にとられ、裏の仕事をしていた。
昴は世間を賑わす殺人集団・アゲハを捕まえろと渡瀬から命令を受けるが、攻防の中、自分たちに似た力を持つ彼らが同じプロジェクトの別ラインであったことを知る。
渡瀬の企みが読めない昴は仲間を守るため、元自衛隊の井原から戦闘訓練を受け始める。
いよいよ政権与党の防衛副大臣となった渡瀬。密かに進めていた企みを始動させ、不要となった昴に刃をむける。
昴は亘を取り戻すため、渡瀬が密かに計画を進めている富士の麓の軍事演習場に向かう。
そこにはアゲハの姿があり、彼らも異形の存在である自分たちの生みの親、渡瀬の命を奪いにきていたのだ。
それぞれの目的を遂げるために、壮絶な戦いが幕を開ける―。
新感覚のアクション超大作、堂々完結!
(出版社HPより)

ACT-2でのアゲハによる容赦のない殺戮から一転して、静かすぎる幕開けとなりますが、終盤に向けてじわじわとボルテージが上がってきます。
乗せられるようにページが進みます。完全にペースに乗せられてしまっていました。

謎として残っていたアゲハの過去やメンバーの能力などが次第に明らかになっていきます。
…しかし、学の能力(といっていいのか?)は意外でした。なるほど、アゲハのメンバーが必死になって守ろうとするわけだ…。
そして人類をはるかに凌駕する能力を持ってしまったゆえの苦悩もひしひしと感じました。

反面、アゲハの能力が異形すぎて昴たちの影が薄くなってしまったように思えます。

ラストをどう捉えるかは読み手によって異なるかもしれませんが、個人的には少なくとも光明を見出したように思いました。

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

藤井太洋さん「Gene Mapper -full build-」 [本☆☆☆]


Gene Mapper -full build- (ハヤカワ文庫JA)

Gene Mapper -full build- (ハヤカワ文庫JA)




電子書籍を自己出版した作品です。かなり話題になっていたので「本」で読んでみました。
近い未来のリアリティとその世界観に圧倒されました。すごい作品です。

拡張現実が広く社会に浸透し、フルスクラッチで遺伝子設計された蒸留作物が食卓の主役である近未来。遺伝子デザイナーの林田は、L&B社のエージェント黒川から自分が遺伝子設計した稲が遺伝子崩壊した可能性があるとの連絡を受け原因究明にあたる。ハッカーのキタムラの協力を得た林田は、黒川と共に稲の謎を追うためホーチミンを目指すが―電子書籍の個人出版がたちまちベストセラーとなった話題作の増補改稿完全版。
(「BOOKデータベースより)

たまに本格SFを読むと、その世界観に圧倒されます。
ただ、いろんな余裕がないと読めないんですが。

現在のIT技術の延長線上にありつつも変容させている世界は「あるかもしれない」未来の一端を垣間見せてくれます。
仮想現実、遺伝子工学、生物工学、それらを駆使する技術者たちは地理的制約や組織の枠組みにとらわれず仕事を請け負っている世界です。その反面、分業化されてしまってもいます。
それらがわかりやすく(わからなくても読み飛ばして差し支えありません)描写されるので、イメージしやすく物語に没頭できます。

ミステリ色もあり、すわ世界を席巻するかもしれない危機というサスペンス色もあり、分量はあるのですが時間を忘れて楽しめました。

SFの醍醐味を堪能しました。

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

由布院に行ってきました お土産

由布院のスーパーマーケットとお土産屋さん、大分空港で買ったものです。

ほとんどのお土産屋さんではカード類が使えず。個人商店がほとんどだと思うので仕方ないのかもしれませんが、外国人観光客を当て込むならカード類は使えたほうがいいと思います。行政支援とかできないものですかね。

<土産物屋>
大量にばらまく用に購入した焼きやせうま。意外と(失礼!)おいしかった。
IMG_20161224_164530s.jpg

<スーパー>
かぼすドリンクとスコール。
「愛のスコール」思わず買ってしまった。微炭酸乳酸飲料です。
IMG_20161224_164045s.jpg

めんツナかんかんと鳥皮みそ煮。
明太子入りのツナ缶です。博多の商品ですが、珍しくてつい。
鳥皮みそ煮に至っては広島県呉市だし。こっちも珍しくてつい。
IMG_20161224_164131s.jpg

ホンコンやきそば。
東京では見かけない商品だと思ったら、宮城県・大分県の一部と北海道で発売されているそうです。東九州と北海道って繋がってたっけ?
IMG_20161224_164222s.jpg

干し赤海老とあごだし。
赤海老は桜海老より香りが強そう。あごだしは、博多とか長崎ですかね。
IMG_20161224_164238s.jpg

<大分空港>
定番のお土産、ザビエル。
IMG_20161224_164006s.jpg

博多ナイルのレトルトカレー。
東京でナイルといえば東銀座のナイルレストランだと思うのですが、博多にも名店があるんですね。
IMG_20161224_163944s.jpg

赤海老煎餅。
ゆかりのような、海老の香ばしさがたまりません。
IMG_20161224_164021s.jpg

やせうまとざぼん漬。
大分の銘菓です。やせうまは素朴ながら新発見のおいしさでした。
IMG_20161224_164202s.jpg

やまやのクリームチーズめんたい。
これも新発見。パンやクラッカーに乗せて食べると止まりません。
IMG_20161224_185621s.jpg

nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

由布院に行ってきました⑤

3日目は別府へ移動して、飛行機が出るまでの時間を過ごしました。

朝食は今日もボリュームたっぷり。卵が美味しい。
味噌汁の具のアサリが大きくて、風味がありました。
IMG_20161220_075726s.jpg

由布院BCからバスで別府へ移動しました。

まずは砂湯へ。(写真撮り忘れました[たらーっ(汗)])
http://www.beppu-hanabishi.co.jp/beppu/sunaburo.html

全裸に浴衣で砂浜、というのはかなり抵抗がありましたが、横になって砂を掛けられると、温かい砂がずっしり重い。。。
じんわりとした温かさでうっすらと汗をかいてきます。
想像以上に気持ちがいいです。

別府駅まで戻ってお昼です。
海鮮いづつで大分の郷土料理のりゅうきゅう丼と海鮮丼をいただきました。
IMG_20161220_135550s.jpg
IMG_20161220_135946s.jpg
魚が新鮮なせいか、すごく美味しいです。
この日のりゅうきゅう丼は鰤(青魚を使うらしい)とのことで、いわゆる「漬け」なんですが、ゴマとの相性が抜群でした。ウチでもやってみよう。

駅への帰りにレトロな温泉をパチリ。時間がなかったので入りませんでしたが、地元の人が好む温度は高いらしいです。(駅前高等温泉には「あつ湯」と「ぬる湯」の2種類がありました)

竹瓦温泉
IMG_20161220_145027s.jpg

駅前高等温泉
IMG_20161220_150144s.jpg

大分空港までバスで移動して、東京へ。たくさんの美味しいものと温泉を満喫した旅でした。

nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

由布院に行ってきました④

少し離れた鳥越地区の立ち寄り湯へ行ってみました。

えっちらおっちら坂道を登ります。
IMG_20161219_100940s.jpg

20分ほど歩いて、「庄屋の館」に辿り着きました。
http://www.yufuin-shoya.com/
IMG_20161219_102111 (1)s.jpg

更に石段を登った先にある露天風呂は「青い湯」と呼ばれるそうで、実際には青みがかった白濁したお湯でしたが、とろとろした保湿効果抜群でした。
由布岳を望むポジションは必須です。堪能しました!

2日目の夕食です。

食前酒に安心院ワイン
前菜は合鴨の燻製、ほや貝の松前漬け、彩絹田巻き、甘海老麹漬け、さわら西京焼き。
IMG_20161219_183321s.jpg

お造りは栄螺、海老、かんぱち(だったかな)。
IMG_20161219_183814s.jpg

焼き物は海老の塩焼き。
IMG_20161219_185130s.jpg

帆立貝の酢味噌添え。
IMG_20161219_190019s.jpg

鯛の兜煮。
IMG_20161219_190827s.jpg

豊後牛の陶板焼き。
IMG_20161219_192410s.jpg

お吸い物と山菜の炊き込みご飯。
IMG_20161219_195400s.jpg

デザートはメロン。
IMG_20161219_202325s.jpg

頑張って完食しました!美味しかったー。

nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

由布院に行ってきました③

2日目、朝食もなかなかボリュームありました。
IMG_20161219_083059s.jpg
農家さんから届いたという玉子は新鮮で濃くて、卵かけご飯にしていただきました。
IMG_20161219_083351s.jpg
デザートはプリン。
IMG_20161219_095208s.jpg


湯の坪街道から10分ほど歩いた場所にある金鱗湖へ行きます。

湧き水のほかに温泉水も湧き出しているとかで水温が高いんだそうです。
それでか、どえらい大きい鴨がいました。

気温が低いと湖面の水が蒸発して朝霧が発生するそうなのですが、気温が高く、風があったために流されてしまってほとんど見れませんでした。残念。

昼間はこんな感じ。
IMG_20161218_133736s.jpg
朝はこんな感じ。
IMG_20161220_070738s.jpg

湖の畔にある天祖神社です。
IMG_20161218_134643s.jpg
IMG_20161218_134653s.jpg
ご神木の杉。
IMG_20161218_134738s.jpg

金鱗湖近くの高級旅館、亀の井別荘内にある喫茶 天井棧敷でお茶をしました。
http://www.kamenoi-bessou.jp/tenjo.html

窓際の席からの眺めは落ち着いていい感じです。
IMG_20161219_125624s.jpg

本格水出し珈琲と林檎のコンポート。
コーヒーは衝撃的な美味しさでした。深煎りの豆なんですが、口に入れた途端に広がるコクと香りとほのかな苦みは雑味がなく、スッと引いていきます。
赤ワインで煮込んだコンポートは林檎がルビー色に染まっていて、甘ったるさはなく、ただただ美味しいです。
IMG_20161219_131108s.jpg

カフェオレと名物のモン・ユフ。
コクと苦みがミルクの甘みと調和しています。レベル高いわー。
由布岳の雪化粧姿を模したというスイーツは、クリームチーズがベースになっていて、干しブドウとホイップクリームがかかっています。スイーツと連想する甘さはほとんどないです。濃厚なのにあっさりした口当たりです。
IMG_20161219_131116s.jpg

近所にほしい。

nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

由布院に行ってきました②

予約の宿は湯の坪街道から少し入ったところにある「御宿 由府両築」さんです。
http://www.ryoutiku.co.jp/

大正期の古民家を移築したという趣のある宿です。
IMG_20161220_065419s.jpg
IMG_20161219_095539s.jpg
IMG_20161219_095602s.jpg

内湯2つ、露天2つの貸し切り風呂は源泉掛け流しです。それぞれ温度も違っていてコンプリートしたくなります。
お湯はさらっとしているのですが、風呂上りはお肌がスベスベになりました。

さあ、お夕飯です。
ご飯が美味しいと評判の宿らしいので、期待が高まります。

食前酒に大分かぼす酒。
前菜は秋の華ゆず風、太刀魚の南蛮漬け、舞茸の吹き寄せ、小海老の黄身焼き、あわびの煮貝。
IMG_20161218_183507s.jpg

お造りは鯛、鮪、かんぱち。
IMG_20161218_184148s.jpg

焼き物はやまめの塩焼き。
IMG_20161218_184908s.jpg

茶碗蒸し。
IMG_20161218_185816s.jpg

地元野菜の揚げ物。ししとう、茄子、薩摩芋。
IMG_20161218_190352s.jpg

煮物は時季野菜の煮つけ。
IMG_20161218_191115s.jpg

豊後牛のしゃぶしゃぶ。この辺りから限界がきていました。
IMG_20161218_191708s.jpg

なめこ汁はいただきましたが、じゃこの炊き込みご飯は入らず、おにぎりにしてもらいました。

デザートはミルクと抹茶の2層ムース。
IMG_20161218_195535s.jpg

うう、お腹がはきちれそう…。ご馳走様でした。

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

由布院に行ってきました①

昨年末ですが、『九州ふっこう割』(受付終了)を利用して大分の由布院に行ってきました。
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

大分空港からバスで由布院BCまで1時間。
しかし、なんで大分空港はどこからも離れているんでしょう?立地問題のほかにアクセスを取るか騒音問題を避けるかという選択だったのでしょうが、遠い…。

駅です。かわいらしいデザインですね。
IMG_20161220_091746s.jpg

昼前に着いたので、早速お昼ご飯にしました。
駅近くの「麦とろ屋」さんです。
http://www.mugitoroya.com/

大分といえばとり天、ということで「とり天定食 とろろ付き」を注文しました。
IMG_20161218_114223s.jpg

ボリュームたっぷりのさくさくとり天はポン酢につけて食べるんですね。胸肉なのであっさりして食べやすいです。しかも柔らかい。
とろろがまた、美味しいです。生とろろというのもありました。食べたかった…けどお腹いっぱい。

食べ終わってお店を出たら、行列ができていました。びっくり。


メインストリートの湯の坪街道は観光客でごった返していました。7割は海外からのお客さんだったようです。
とても通りを撮影する気にならず、翌朝早くに撮ったのですが、それはそれで寂寥感が…。
900mほどの道なのですが、飲食店やお土産屋が軒を連ねる通りで、正直いって風情は感じません。狭い上に観光客で溢れているのに車も通るので危ない[あせあせ(飛び散る汗)]
IMG_20161220_071908s.jpg
IMG_20161220_072230s.jpg

方向感覚をつかむためにぐるっと回って、駅前に戻ってお茶しました。
由布見通り珈琲という小さなカフェに入りました。
ポップな感じながらも落ち着ける内装です。

ドリップコーヒーとカフェオレです。
ドリップコーヒーは豆を選べるというので、モカを注文。豆を挽くところから始めるので香りも味もいいです。
IMG_20161218_144436s.jpg

さて、お宿へ向かいます。

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行