So-net無料ブログ作成
検索選択

佐藤正午さん「アンダーリポート/ブルー」 [本☆☆☆]


アンダーリポート/ブルー (小学館文庫)

アンダーリポート/ブルー (小学館文庫)




既読ですが、『ブルー』という掌編を追加しての「完全版」という触れ込みに再読してみました。
細かな再発見があって、再読なのにじっくり楽しんでしまいました。

15年前、ある地方都市のマンションで男が撲殺される事件が起こった。凶器は金属バット。死体の第一発見者は被害者の隣人で、いまも地方検察庁に検察事務官として勤める古堀徹だった。事件は未解決のまま月日は流れるが、被害者の一人娘・村里ちあきとの思わぬ再会によって、古堀徹の古い記憶のページがめくれはじめる――。
古堀は事件当時、隣室に暮らすちあきの母親・村里悦子と親しい間柄だった。幼いちあきを預かることも多く、悦子が夫の暴力にさらされていた事実や「もし戒める力がどこにも見つからなければ、いまあなたがやろうとしていることは、あやまちではない」という彼女の人生観に触れる機会もあった。その頃の記憶にはさらにもう一人の女性の存在もあった。女性はある計画について村里悦子を説得したはずだ。「一晩、たった一度だけ、それですべてが終わる」と。
よみがえる記憶を頼りに組み立てたひとつの仮説――交換殺人という荒唐無稽な物語が、まぎれもない現実として目の前に現れる! サスペンスフルな展開に満ちた長編小説『アンダーリポート』に加えて、新たに衝撃的なエンディングが描かれた短編小説『ブルー』を初収録した完全版。
(出版社HPより)

何度でも読み返したくなる、ストーリイにしても文章にしても飽きのこないのが佐藤さんの小説だと思います。(お気に入りは『Y』です)
読み返したくなる、それに耐え得る作品に、更にもう一つの可能性を提示する短編を加えるって、どんだけ凄いんだ。

『ブルー』は衝撃的でした。
『アンダーリポート』がループ構造を持っているのに対して、『ブルー』は一応の結末を示していると思うのですが、謎は深まるばかりでした。
「女たち」が関与しているのは明らかなのですが、そこまでリスクを冒す必要があるのか。リスクを重ねることは事実が露呈する可能性も高まるはずなのに、なぜ踏み込むのか。

迷宮の正午ワールドに引き込まれてしまう作品です。

nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: