So-net無料ブログ作成

取りこぼし ~W杯アジア最終予選 対イラク代表戦 [サッカー!]

イラクが政情不安のため、第三国となりましたが、なぜAFCは試合場所をイランとしたんでしょう。
気温37度なのに、電力供給に問題があるとしてナイターではなく夕方の試合でした。
徒に選手を消耗させる環境で試合を行うことがいいことだとは思いません。
中東で開催するにしても、少なくともナイターでできる場所にすべきだったと思います。

勝てた試合でした。引き分けで勝ち点1を積み上げましたが、しっかりと勝ち点3を得て、次戦で精神的に優位に立ちたかったです。

試合開始早々に大迫選手の素晴らしいヘディングで先制し、後半途中までは省エネサッカーを展開していたと思います。
自陣で守備ブロックを敷いて、チャンスがあれば追加点を狙うという戦術だったと思います。

しかし、このチームはカウンターがヘタですね。何度もチャンスがありましたがゴールに殺到する選手がいませんでした。いても流れに竿を挿すようなパスで勢いを止めたりするなどチャンスを潰していました。消耗していたということもあるのでしょうが。

井手口選手、酒井選手のケガが気になりますが、故障で交代カードを2枚切らざるを得なかったことはゲームプランを大きく狂わせることになったと思います。足を攣った久保選手を代えられなかったのは痛かったです。それと原口選手→倉田選手の交代には疑問があります。
乾選手など攻撃的な切り札をきれなかったのは残念です。

攻撃面でいうと、1トップの大迫選手を活かしきれていないように感じました。
親善試合のシリア代表戦でもそうだったのですが、大迫選手がボールを収めてもフォローする選手がおらず、距離も遠く前線が活性化していない印象を受けました。
守備ブロックが低い位置にあったので、マイボールになってもフォローに走るには距離が長すぎるというのはありますが、ゴールに一番近い場所であり、裏を取れば絶好機になると思うのですが。
左サイドでの連携が機能したとはいいがたく、右サイドは崩せていたもののラストパスの精度に難がありました。

守備面では最終ライン、ボランチで奮闘を見せましたが、最後の最後でミスが出てしまいました。
たった一つのミスで評価が天国から地獄へガラリと変わるのがディフェンスですが、失点シーンについてはズルズルと守備ラインが下がってしまい、中盤での圧力も下がり、これまでセーフティファーストだったプレーの判断ミスが出てしまいました。
まあ、起こってしまったことは仕方がありません。次戦の教訓にしてほしいと思います。

次戦のホームでのオーストラリア代表戦に勝てばW杯出場が決まります。
夏真っ盛りで湿度も高い環境は、ヨーロッパで活躍する海外組には厳しいかもしれません。国内組の奮起を期待したいと思います。

nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ