So-net無料ブログ作成
検索選択

本多孝好さん「ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3」 [本☆☆☆]


ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3 (集英社文庫)

ストレイヤーズ・クロニクル ACT-3 (集英社文庫)




とうとう終幕です。
本多さんらしからぬ、という印象だった本作ですが、そのイメージを見事に覆してくれました。

常人とかけ離れた特殊な能力を持っている昴、沙耶、隆二、良介。四人は同じ施設で育ち、特別な絆で結ばれていた。
しかし、政治家・渡瀬浩一郎に仲間のひとり、亘を人質にとられ、裏の仕事をしていた。
昴は世間を賑わす殺人集団・アゲハを捕まえろと渡瀬から命令を受けるが、攻防の中、自分たちに似た力を持つ彼らが同じプロジェクトの別ラインであったことを知る。
渡瀬の企みが読めない昴は仲間を守るため、元自衛隊の井原から戦闘訓練を受け始める。
いよいよ政権与党の防衛副大臣となった渡瀬。密かに進めていた企みを始動させ、不要となった昴に刃をむける。
昴は亘を取り戻すため、渡瀬が密かに計画を進めている富士の麓の軍事演習場に向かう。
そこにはアゲハの姿があり、彼らも異形の存在である自分たちの生みの親、渡瀬の命を奪いにきていたのだ。
それぞれの目的を遂げるために、壮絶な戦いが幕を開ける―。
新感覚のアクション超大作、堂々完結!
(出版社HPより)

ACT-2でのアゲハによる容赦のない殺戮から一転して、静かすぎる幕開けとなりますが、終盤に向けてじわじわとボルテージが上がってきます。
乗せられるようにページが進みます。完全にペースに乗せられてしまっていました。

謎として残っていたアゲハの過去やメンバーの能力などが次第に明らかになっていきます。
…しかし、学の能力(といっていいのか?)は意外でした。なるほど、アゲハのメンバーが必死になって守ろうとするわけだ…。
そして人類をはるかに凌駕する能力を持ってしまったゆえの苦悩もひしひしと感じました。

反面、アゲハの能力が異形すぎて昴たちの影が薄くなってしまったように思えます。

ラストをどう捉えるかは読み手によって異なるかもしれませんが、個人的には少なくとも光明を見出したように思いました。