So-net無料ブログ作成
検索選択

柏井壽さん「鴨川食堂」 [本☆☆☆]

今年もゆるゆると好きなことを綴っていこうと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



鴨川食堂 (小学館文庫)

鴨川食堂 (小学館文庫)




鴨川流とこいしの親子が依頼を受けて記憶の中の「食」を再現するという、一風変わった短編集です。ミステリなのかと思ったら、違った。

「鍋焼きうどん」「ビーフシチュー」「鯖寿司」「とんかつ」「ナポリタン」「肉じゃが」の6編が収録されています。

京都・東本願寺の近くにあるというその食堂には看板がない。食堂を切り盛りするのは、鴨川流とこいしの親子二人。この食堂では、もう一度食したい食べ物の味を少ない手がかりから再現してくれるという。店に辿り着く手がかりはただひとつ、料理雑誌に掲載される<“食"捜します>の一行広告のみ。
「鯖寿司」「ビーフシチュー」「鍋焼きうどん」「とんかつ」「肉じゃが」「ナポリタン」の思い出と味を求めて、六人の客が訪れる。
(出版社HPより)

依頼人が店を訪れたときに供されるおまかせ定食の品々が凝っていて美味しそうです。(採算が合うのか心配になります) テレビと違って視覚情報がなく文章だけで美味しそうと思わせるのは、なかなかなものだと思います。

依頼人の過去につながる記憶の料理を再現するという趣旨なので、そこに隠された秘密があったり、心の動きがあったりと人情ものの要素もあります。

ただ、依頼から解決に至るまでのプロセスが省かれているので物足りなさは残りました。

鴨川流の過去(どうやら刑事だったようですが、なぜ料理がプロ並みなのか?)など明らかにされていない部分もあり、続編で明らかになっていくのでしょう。


2016年1月にNHK・BSプレミアムで連続ドラマ化されるそうです。見てみようかな。
http://www.nhk.or.jp/pd/kamogawa/

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 10

コメント 2

ちょろっとぶぅ

今年も、よろしくお願いしまぁ~っす(^∞^)/
by ちょろっとぶぅ (2016-01-04 12:59) 

とも〜る

ちょろっとぶぅさん、今年もよろしくお願いしますっ
by とも〜る (2016-01-05 05:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。