So-net無料ブログ作成
検索選択

五十嵐貴久さん「南青山骨董通り探偵社」 [本☆☆☆]


南青山骨董通り探偵社 (光文社文庫)

南青山骨董通り探偵社 (光文社文庫)




タイトルからして軽めの探偵ものかな、と思ったら意外とヘビーでした。

大手企業に就職したものの、うだつの上がらない日々に塞ぐ井上雅也。ある日、南青山骨董通り探偵社の社長・金城から突然話しかけられた。「探偵になる気はありませんか?」。雅也は訝しみながらも体験入社をするが、厄介な事件に関わることになり……。個性的なメンバーの活躍が、軽快なテンポと極上のサスペンスで繰り広げられる、ベストセラー作家の新シリーズ始動!
(出版社HPより)

一匹狼タイプが多い探偵ものでは珍しくバラエティに富んだ探偵たちが登場します。

テンポのいい展開と、五十嵐さんらしい軽妙なセリフでページが進むのですが、想像以上に重い展開と探偵たちの陰がしっかりと描かれています。

あっさりミスリードに引っ掛かりました。真犯人に社長と同様に「誰?」と思ってしまいました。まさに作者の思うつぼです(笑)

続編が楽しみです。

nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 24

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。