So-net無料ブログ作成

樋口有介さん「猿の悲しみ」 [本☆☆]


猿の悲しみ (中公文庫)

猿の悲しみ (中公文庫)

  • 作者: 樋口 有介
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2015/07/23
  • メディア: 文庫



女性を主人公にしたハードボイルドです。
文体が柚木草平シリーズと同じ、というか樋口節なのでずっと既視感がありました。

弁護士事務所で働く風町サエは、殺人罪で服役経験を持つシングルマザー。十六歳で不登校の息子がいる。表向きは事務員だが、実際には様々な手口で依頼主の要望に応える調査員。プロ野球選手とモデルの離婚慰謝料を巡り動くサエだったが、同時にある殺害事件についての調査も言い渡される。歪んだ愛の発端は三十四年前に遡り―。
(「BOOK」データベースより)

解説にあるように、女性が主人公である必然はわかりました。けれど、主人公の心情なりにもう少し突っ込んでもいいような気がしました。

事件の「解決」ではなく「結末」を迎えるというところがハードボイルドらしいかな、と思います。

柚木草平シリーズのキャラクターがカメオ出演しています。もちろん、草平本人も!(「ミミズの研究者」も)

続編『笑う少年』も楽しみです。

nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0