So-net無料ブログ作成
検索選択

大倉崇裕さん「オチケン探偵の事件簿」 [本☆☆]


オチケン探偵の事件簿 (PHP文芸文庫)

オチケン探偵の事件簿 (PHP文芸文庫)




前作の『オチケン!』『オチケン、ピンチ!!』を読んでいませんでした。
しかし、大倉さんはいろんなことに造詣が深いですね。

「幻の男」「高田馬場」の2編が収録されています。

究極の巻き込まれ型でお人好し探偵が、キャンパスで起こる奇怪な事件の数々に挑む。事件を解く鍵は落語にアリ?
大学入学早々、落語にまったく興味がないのに、廃部寸前のオチケン(落語研究会)に入部させられた越智健一(おちけんいち)。風変わりな二人の先輩にふりまわされ、キャンパス内で起きる奇妙な事件の捜査に駆り出され、必修科目の出席もままならない中、大学は夏季休暇に突入していた。宿題をきっちり仕上げ、前期のリベンジを誓う越智だが、学生落語選手権で優勝を狙う大学間の抗争に巻き込まれ、次々と予想だにしない事件に直面するはめに……。単位取得が遠のいていく、オチケン探偵の活躍を描く連作ミステリー。オチケンの運命や、いかに!?
(出版社HPより)

新入生が変人の先輩に振り回される学園ものが多いのはなぜなんでしょう?
「先輩には逆らえない」という抑圧的なムチャ振りに翻弄される姿がコメディタッチになるんでしょうか。

謎解きが物語中に披露される落語の内容と絡んでくるというのは面白い趣向です。

1作目、2作目を読まねば。

nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。