So-net無料ブログ作成
検索選択

太田忠司さん「セクメト」 [本☆☆]


セクメト (中公文庫)

セクメト (中公文庫)




ハイブリッド警察小説って、そういうことね。。。

警視庁捜査一課のエリート刑事・和賀千蔭が追う連続「殺人鬼」殺人事件。遺体は体の一部を抉られ、さらに現場には必ず一人の女子高生が現れていた。謎の言葉「わたしはセクメト」わ残し消えた彼女の正体とは?そして事件の裏に潜む、知ってはいけない巨大な闇とは!?驚愕のハイブリッド警察小説シリーズ始動!!
(「BOOK」データベースより)

ミステリなのか、SFなのか、警察小説なのか、物語が進むにつれて様相が変わっていきます。
最後にはごちゃ混ぜになって、もはやジャンルがどうとかいうレベルではなく、流されるままに楽しめ、という小説だと思いました。

色々と謎は残りますが、続編で明かされるんだろうなと思いました。

セクメトの説明のくだりは「トンデモ」系の妄想に思えてしかたありませんでした。
それでも読ませてしまうのは太田さんの筆力でしょうか。

ただ、情報をリークしていた者の正体に意外性がなくてがっかりです。

混沌、といった印象です。

nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 19

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0