So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

東川篤哉さん「私の嫌いな探偵」 [本☆☆]


私の嫌いな探偵 (光文社文庫)

私の嫌いな探偵 (光文社文庫)




烏賊川市シリーズ第7弾、のようです。あれ、そんなに?
コメディ・ミステリというと東川さんしか思い浮かばなくなっています。

「死に至る全力疾走の謎」「探偵が撮ってしまった画」「烏賊神家の一族の殺人」「死者は溜め息を漏らさない」「二〇四号室は燃えているか?」の5編が収録されています。

男が真夜中の駐車場を全力疾走し、そのままビルの壁に激突して重傷を負った。探偵の鵜飼杜夫は、不可解な行動の裏に隠された、重大な秘密を解き明かしてゆく。(「死に至る全力疾走の謎」)烏賊神神社の祠で発見された女性の他殺死体が、いったん消失した後、再び出現した! その驚きの真相とは?(「烏賊神家の一族の殺人」)何遍読んでも面白い、烏賊川市シリーズ傑作集!
(出版社HPより)

相変わらずの面白さです。
といってもミステリ自体の面白さではなく(いや、トリックもしっかり面白いですけど)、探偵の鵜飼杜夫のボケと、探偵事務所があるビルのオーナーの二宮朱美のツッコミ、探偵助手の戸村流平の身体を張ったボケ(こっちは放置!)というトリオ漫才のような面白さです。
そこから(辻褄を合わせるような)鵜飼探偵のキレのある推理披露といった展開はお約束です。

烏賊川市公認(?)ユルキャラ「剣先マイカ」ちゃんの登場とそのキャラには(電車の中で思わず[あせあせ(飛び散る汗)])笑ってしまいました。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

村上春樹さん「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」 [本☆]





村上春樹さん、出版されたら読んでみはしますが、これは…。

多崎つくる鉄道の駅をつくるのが仕事。名古屋での高校時代、四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された。
何の理由も告げられずに――。
死の淵を一時さ迷い、漂うように生きてきたつくるは、新しい年上の恋人・沙羅に促され、あの時なにが起きたのか探り始めるのだった。
(出版社HPより)

時が解決してくれる、というのはよく聞きますが、時間を経ることで当時は言えなかったことの真相が明かされるということもあると思います。

親友たちからの突然の拒絶によって心に傷を負った主人公も、十数年後に友人を訪ね歩いて、なにが起こったのかを解き明かしていきます。

そのきっかけとなった出来事についてはファンタジーとしか思えないようなことで、本筋ではないんでしょうけれども、どうにも据わりの悪さのようなものを覚えました。

過去への決別のプロセスのようなものを(個人的に)読み取りました。
過去に向き合うことで捨て去るものがあり、糧となるものを得る、そんな読後感がありました。

しかし、明るい未来が明示されているわけではなく。
まあ、それが現実ではあるんですけれど、でも、それをフィクションに求めたい気持ちは捨てきれず、この物語の中途半端な結末にガッカリしました。

nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

パティスリー アカシエのケーキ再び [お店]

埼玉で一番と評判のスイーツのお店です。
http://www.acacier.com/patisserie/

アントワネット。
デコレーションからしてアントワネット(笑)。重そうですが食べてみると軽やかで香りがいいです。
IMG_20140209_174316.jpg

モンブラン
こちらも甘ったるそうですが口どけなめらかで栗の風味が感じられます。
IMG_20140209_174134 (2).jpg

フレジエ。
上に載ったソースの酸味がクリームに合います。爽やか。
IMG_20140211_185948.jpg

クレムー。
シンプルだからこそレベルの高さを感じます。
IMG_20140210_205114 (2).jpg

大満足です。
ご馳走様でした。

nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

梨木香歩さん「僕は、そして僕たちはどう生きるか」 [本☆☆]


僕は、そして僕たちはどう生きるか (岩波現代文庫)

僕は、そして僕たちはどう生きるか (岩波現代文庫)




岩波現代文庫は初めて手を伸ばしてみたのですが、平易な文章に隠れて難解で重い内容でした。

やあ.よかったら,ここにおいでよ.気に入ったら,ここが君の席だよ――『君たちはどう生きるか』の主人公にちなんで「コペル」と呼ばれる14歳の「僕」.ある朝,染織家の叔父「ノボちゃん」がやって来て,学校に行くのをやめた「ユージン」に会いに行くことに…….そこから始まる,かけがえのない一日の物語
(出版社HPより)

「普通」であることは、ある意味で心地いいものです。「枠」に収まっている。排除されない。同質化している。

その一方で、閉塞感や圧迫感から逃れたい。顔の見えない誰かにはなりたくない。そんな思いも頭をもたげます。

「どう生きるか」を考え続けることはとてもしんどいことです。流されることは楽なことですし、ひとつ間違えると孤立を深めることになるかもしれません。

中学生のときにこんなことを考えていたっけ、と思いました。
だからこそ、いまの中学生に読んでもらいたい作品です。

nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

成田名璃子さん「東京すみっこごはん」 [本☆☆☆]


東京すみっこごはん (光文社文庫)

東京すみっこごはん (光文社文庫)




初読みの作家さんです。書店でタイトルに惹かれて読んでみました。
グルメ小説ではなく、心温まる人情小説でした。

「いい味だしてる女の子」「婚活ハンバーグ」「団欒の肉じゃが」「アラ還おやじのパスタ」「楓のレシピノート」の5編が収められています。

商店街の脇道に佇む古ぼけた一軒屋は、年齢も職業も異なる人々が集い、手作りの料理を共に食べる“共同台所”だった。イジメに悩む女子高生、婚活に励むOL、人生を見失ったタイ人、妻への秘密を抱えたアラ還。ワケありの人々が巻き起こすドラマを通して明らかになる“すみっこごはん”の秘密とは!? 美味しい家庭料理と人々の温かな交流が心をときほぐす連作小説!
(出版社HPより)

空家となった元小料理屋を舞台に、空家に集まった人たちがくじ引きで残されたレシピをもとに手料理を振舞います。
一話ごとに変わる語り手はそれぞれに問題を抱えています。

抱えた問題が現代的でシビアで重いとは感じますが、その分だけ物語の終わりにカタルシスを得ることができます。

最後の最後に空家と残されたレシピの謎が明らかになり、思わずじわっとなりました。

ほっこりする読後感です。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

恩田陸さん「夜の底は柔らかな幻」 [本☆☆]


夜の底は柔らかな幻 上 (文春文庫)

夜の底は柔らかな幻 上 (文春文庫)




夜の底は柔らかな幻 下 (文春文庫)

夜の底は柔らかな幻 下 (文春文庫)

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/11/10
  • メディア: 文庫



地方都市シリーズ(?)、今回は途鎖(とさ)です。
相変わらず滑り出しは上々なんですが…。

国家権力の及ばぬ“途鎖国”。特殊能力を持つ在色者である実邦は、身分を隠して途鎖に入国した。闇月といわれる時期、途鎖では多くの者がある目的をもって山深くを目指すが、実邦の周囲にも不穏な空気が満ちる。謎の殺人者、恩師が残したメッセージ、隠された過去の悲劇…。そしてついに創造と破壊の幕が切って落とされる!
復讐を胸に途鎖に入った実邦だが、前後して恩師の屋島風塵、入国管理官の葛城、葛城の旧友で快楽殺人者の青柳など、関係者がいっせいに闇月の山を目指しだした。犯罪者たちの頂点に君臨する神山―実邦の元夫と、山奥に隠された“宝”を巡って、彼らの闘いが始まる。圧倒的スケールのエンターテインメント巨編。
(「BOOK」データベースより)

急峻な山々を背に、前を海に囲まれたある種の閉鎖された空間という地形を活かした舞台設定で繰り広げられる超能力者たちの戦いに出だしからドキドキワクワクです。
と同時に恩田さんの作品が好きな者としては一抹の不安もありました。どんな結末が待ち構えているんだろう、と。

上下巻の厚さをものともしない魅力的な世界観とストーリイを十分楽しみました。
が、やっぱり(?)結末が…。
それと、実邦の秘められた能力はいったいなんだったのかという疑問が残りました。

坂東真砂子さんの『死国』を思い出してしまうシーンがありました。
有名な作品なのでイメージが引きずられたように思います。そこは回避してほしかったです。

nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

油源でランチ&日光金谷ホテル クラフトラウンジでお茶 ~日光に行ってきました④ [お店]

神橋までバスで戻って、お昼にします。

日光といえば湯葉。神橋近くの油源というお店にしました。
http://www.aburagen.jp/

b29_IMG_20170807_131258.jpg

湯波づくし膳をいただきました。
b30_IMG_20170807_124539.jpg

刺身、巻、乾燥とバラエティがあります。
湯葉だけでなく生麩や胡麻豆腐もあって大満足でした。


帰りの電車で食べる駅弁も買いました。
http://www.aburagen.jp/obento_yubachirashi.shtml
b33_IMG_20170807_202413.jpg
b34_IMG_20170807_202520.jpg


帰りの電車までだいぶ時間があったので、お茶だけでも、と通りをはさんだ向かい側にある日光金谷ホテルへ。
ホテルに辿りつくには急な坂を上らなければなりません。

http://www.kanayahotel.co.jp/nkh/restaurant/maple/

b31_IMG_20170807_132905.jpg

ブレンドコーヒーとクラシックショコラ(手前)とチーズケーキ(奥)。
コーヒーはうーん、日光珈琲のほうが美味しいかなあ。ケーキは濃厚でさっぱりした後味で美味しいです。

b32_IMG_20170807_141524.jpg

軽食も美味しそうです。

ご馳走様でした。

nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日光二荒山神社に参拝&華厳ノ滝へ ~日光に行ってきました③

2日目はJR日光駅からバスに乗って日光二荒山神社へ。
b23_IMG_20170807_082602.jpg

http://www.futarasan.jp/

767年に創建されたといわれています。もっとも、それ以前から信仰の対象になっていたんでしょうね。
男体山から中禅寺湖までがご神域というから広い。

9時前に到着。
平日だからか、時間が早いからか、東照宮にながれるからか、参拝客は少なめでした。

鳥居です。
b24_IMG_20170807_085718.jpg

階段を登った先の拝殿。シンプルながら厳かな雰囲気です。
b25_IMG_20170807_090243.jpg
b26_IMG_20170807_090858.jpg

ご神木。
b27_IMG_20170807_091954.jpg


個人的には東照宮よりもこちらのほうが好みです。
神苑など見どころも多く、ゆっくり巡りました。

お邪魔しました。


続いてマイナスイオン[ハートたち(複数ハート)]を浴びに華厳の滝へ。

日光駅から中禅寺温泉バス停まで約45分。途中のいろは坂で絶景を堪能しました。

http://www.nikko-kankou.org/spot/5/

まずは展望台から臨みます。(写真はその手前の木々の間から)
b27_IMG_20170807_103843.jpg

次に岩盤をくり抜いたというエレベーターで降ります。岩盤の中はひんやり気持ちがいいです。
霧のような水しぶきが心地いいです。
b28_IMG_20170807_105028.jpg

b29_IMG_20170807_105642.jpg

イワツバメがひゅんひゅん飛んでいました。

nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

明治の館でランチ&日光珈琲 御用邸通店でお茶 ~日光に行ってきました② [お店]

お昼は東照宮から歩いていける明治の館へ。

http://www.meiji-yakata.com/meiji/

ビーフハンバーグステーキ。
赤身肉で脂肪少なめなのか、みっちりした感じで美味しいですが、肉汁はあまりありませんでした。
b18_IMG_20170806_132625.jpg

ミンチカツレツ。熱々ジューシーでした。
b17_IMG_20170806_132605.jpg

どちらもお肉食べたーという満足感ありました。


どこかでお茶をと思ったんですが、なかなかいい店が見つからず、だいぶ歩いて辿り着いたお店です。

http://nikko-coffee.com/cafe

1時間ほど並びました。ベンチがあるので立ちっぱなしではありません。
b22_IMG_20170806_163028.jpg

日光珈琲オリジナルブレンドとガトーショコラ。
濃厚なケーキにさっぱりした口当たりながら後からコクを感じるコーヒーが合います。
b20_IMG_20170806_155339.jpg

太郎山ブレンド。
深煎り!どストライクです。濃い、苦い、ほのかな甘み。
b19_IMG_20170806_155249.jpg

かき氷(とちおとめ)。
夏はこれですね。シロップも甘すぎずイチゴの酸味でさっぱり。
b21_IMG_20170806_155452.jpg

ご馳走様でした。


美味しかったので日光珈琲オリジナルブレンドを買いました。
家で淹れてみたんですが、残念ながらお店の味にはなりませんでした。酸味が勝つというか雑味があるというか。
水の違いなんですかね。
b37_IMG_20170808_100816.jpg

ご馳走様でした。

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日光東照宮に参拝 ~日光に行ってきました①

http://www.toshogu.jp/

小学校の修学旅行以来の日光です。
外国人観光客が多いなー。

まずは入り口の入り口、神橋。
b01_IMG_20170806_101740.jpg

世界遺産地区登録記念碑。
b04_IMG_20170806_102357.jpg

碑の脇から参道を登ります。ここは輪王寺、東照宮、二荒山神社共通の参道のようです。
b05_IMG_20170806_102509.jpg

日光開山の祖 勝道上人の像。
b06_IMG_20170806_103103.jpg

広々とした参道に出ました。
b07_IMG_20170806_103522.jpg

石鳥居です。
b08_IMG_20170806_104202.jpg

三猿で有名な神厩舎。
b10_IMG_20170806_105707.jpg

鳥居の向こうに陽明門。
b11_IMG_20170806_110106.jpg

陽明門下の階段は大行列[あせあせ(飛び散る汗)]
b12_IMG_20170806_110528.jpg

唐門と拝殿。
b13_IMG_20170806_110718.jpg

長い上り坂を登って奥宮へも。
拝殿。
b15_IMG_20170806_113517.jpg

その奥にある徳川家康廟。
b14_IMG_20170806_113117.jpg


並んだり待ったりで、思った以上に時間がかかってしまいました。
これから行かれる人は余裕を持ったスケジュールを立てたほうがいいかもしれません。

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -